独断と偏見の製品評価サイト「どうせ買うならこれを買え!」

独断と偏見の製品評価サイト
「ビバ!衝動買い!」「また買ってしまった・・」という人がくるところ。
 





プロジェクトマネジメント

近藤哲生著 実用企業小説 プロジェクトマネジメント

 


え?なんでお前がこんな本読んでるんだ、って?大きなお世話ですと言いたいところだがここはグッとこらえて紹介いってみよう!(今回はちょびっと専門的ですよー)

一応、本業はこの手の仕事をしてるもんでビジネス書は結構読むんです。有名どころは一通り読んでますが、プロジェクトマネジメントに携わるあなただったらこれを読まないと人生損する!と言っても過言ではないくらい、涙なくしては読めない本です。著者は近藤哲生さんという方で、某有名メーカーにいたときにプロジェクトマネージャーを経験されている方のようです。

崩壊寸前のシステム開発プロジェクトに、突然ほおり投げいれられた主人公。

ギクシャクした人間関係、崩れ去っているモラール、仕様をなかなか決めてくれないユーザ、プロジェクトマネージャーは倒れ、メンバーは疲弊。終わりどころか現在位置まで見えないデスマーチプロジェクトを、主人公はどのようにして成功に導いたのか・・・。

「そんなヒーローが現れてプロジェクトが成功するんだったら赤字なんか出さねーっつの!」

とおっしゃるあなた。ボクもそう思います。

でも、主人公は、一つ一つ、それこそ最初の一歩から丹念に状況を切り開き光明を見出して感動のプロジェクトを作り上げるんです。

しかも。

ほとんど実話(実体験)をもとにして作られているんです。

小説の形をとっていますが、もちろんゴールドラット氏ザ・ゴール とかクリティカルチェーン はもう読みましたね?)が得意とするパターンで、流れの中でポイントを押さえて読み進められるので、いわゆる解説書よりわかりやすいんですね。これがまた。

そして、アクセントにちょっぴりラブ・ロマンスが入って(コノコノコノーって感じ)読後感はさわやか(´∀` )。

内容をよくよく読んでみれば、何にも特別なことをやっているわけではなく、ありがちなトラブルももちろん発生します。まぁ『うちのユーザはこんなに甘くないぞ!』と思われるかたもいらっしゃるでしょうし(ボクもそうです・・)、PMBOKの話もちょこっとしか出てきません。

まぁ、それはそれとしても、プロジェクトに一番大切な何かが、読み終わったあとにあなたの心の奥底に形としてできあがることは確かです。

 

できれば、ユーザとの折衝の部分をクローズアップしていただければ(そこがマネジメントの難関ですからね)もっとタメになる本になったかと思います。

これからプロジェクトマネージャー(プロジェクトリーダーもね!)をやられる方には、是非読んでいただきたい一冊です。

プロジェクトマネジメント 購入ページ


 


ページTopへ >>






©2004 korekae